野生のイルカに会いに!御蔵島ドルフィンスイム
三宅島ダイビング Cカード講習
DOLPHIN CLUB スタッフ

イルカのこと、海のこと、島のこと、最新情報、耳寄り情報など、あますことなくお伝えします。

つかもとみなみ たぐちしゅういち  うえだのぶひさ  たぐちひとむ
 田口 周一

中学の頃より、遊びといえば、湘南は葉山の海
工学部でバイオテクノロジーを学んだ後、一部上場企業勤務するも、海への想いを断ち切れず独立、ダイビングショップ開業 
三宅島で世界的な海洋生態学者のジャック・T・モイヤー博士と出会い、水中の世界を映像で記録することをライフワークとする
取りためた映像はTV放映、CM、教材として広く使用されている

1997年 世界初、「ハウツースイムドルフィン」のビデオ製作
1999年 「イルカの授乳」のシーンが、NHKより放送に貢献したとして特別賞受賞
2003年 ドキュメント映像「イルカのKちゃん」が、フランスアンチーブ国際水中映像祭日本代表作品に
2004年 絵本「イルカのKちゃん」を仲間と製作、教育出版より出版
2006年 「御蔵島のイルカ、イルカのKちゃん」のDVD製作

最近では、「イルカのKちゃん」(人間の出したゴミで傷ついた、子イルカの生涯)を題材に、全国の小学校への出張授業、専門学校、大学での講義、中学の先生方の勉強会、PTA、環境NPOでの講演なども可能な限り実施、環境問題について現場からの声を発信

(有)DOLPHIN CLUB 代表
ダイビングインストラクター
ドルフィンスイムインタープリター
NPO法人PACI理事  
 上田 修久

生家の前は、目黒不動尊の広大な森、そして歩いて数分のところには農林水産省林業試験場(現在 東京都林試の森公園)と都会の木々に囲まれた場所で育ち、すっかり自然大好きに。
東海大学海洋学部(研究テーマは、ジャック・T・モイヤー氏も取り組まれた魚類の雌雄同体現象。)を卒業後、大学の海洋科学博物館で学び、伊豆の水族館に飼育員兼学芸員として勤務。
南伊豆の美しい海に囲まれながら、魚類・無脊椎動物やイルカの展示・飼育やショー・トレーニングを担当。
その後能登島で、ドルフィンスイムをご案内する楽しさに接し、三宅島へ。

ダイビングインストラクター
学芸員資格(元下田海中水族館 学芸員)
赤十字救急法救急員 
 塚本 みなみ

海、特にイルカが大好きで三宅にやってきました。

また、ダイビング中に逢うフグの愛くるしい姿、特にハート型に見える目がお気に入りです。
エビやハゼにも興味があり、ただいま勉強中です!!

まだまだ、学ばなければいけないことがたくさんありますが、
元気いっぱいがんばります(^o^)

そして、みなさまに三宅島の素晴らしさを伝えられたらと思っています!!

よろしくお願いします。
 石塚 那奈
 
小さな頃から海で遊ぶのが大好きで、スキンダイビングでヒトデを探して周りの人に見せたりしていました。
学校で海について学ぶなかで訪れた、三宅の豊かな自然に魅了されてこの島にやってきました。
 
イルカと一緒に泳いだり、アーチの下を潜ったり・・・
あとウツボけっこう好きです。
怖そうな顔してるけど普段はおとなしい魚で、よく見ると可愛かったり、綺麗だったりするんですよ。
三宅の海で一緒にお魚いっぱい探しましょう!
まだまだ勉強しなければならないことがたくさんありますが、
皆様と三宅の自然を安全第一で目一杯楽しんでいきたいと思います!!
笑顔で頑張りますので、よろしくお願いいたします。
 田口 仁斗武

2012年後半に父田口が居る事もあり三宅島で生活してみた所、思いのほか島での生活を気に入ってしまい今では島に居るのがメインです。
ダイビングもまだ始めたばっかなので経験値上昇中です(笑)

まだ島の事、海の事、いろいろ解らない事ばかりの自分ですがよろしくお願いします。


P.S.乗り物酔ひどいからたくさん船に揺られて馴れて行く予定! 
 HOMEへ
Dolphin Club 三宅島 
〒100-1211東京都三宅島三宅村坪田5066-2
 TEL&FAX 04994-6-0996
 E-mail dolphin-club-tag@fork.ocn.ne.jp